第62回春季 日本歯周病学会学術大会に参加しました。

5月24日(金)、25日(土)の2日間、横浜で開催されました「第62回春季 日本歯周病学会学術大会」に、医院歯科医師4名と歯科衛生士5名と共に参加しました。

 

f:id:igarashi-shika:20190526185846j:plain

 

いつもお世話になっている歯周病学会専門医の青木先生も医院スタッフと共に学会参加されていました。

 

f:id:igarashi-shika:20190526195423j:plain

 

今学会のテーマは「低侵襲・高効率の歯周治療」でした。

進行した歯周病の治療法として歯周外科手術があります。歯周病が進んだ部位の歯肉を切開剥離して炎症病巣を除去し歯の根の面をきれいにして縫合するといった術式です。

最近では、さらに失った歯を支える骨を再生する歯周組織再生療法が広く行われるようになってきました。しかし従来の手術は手術侵襲が大きいものでした。

今回の学会では、より低侵襲な歯周組織再生療法を提唱した香港大学のM.Tonetti 教授が特別講演をされました。

 

f:id:igarashi-shika:20190526185926j:plain

 

M.Tonetti 教授は、CT画像を含めた術前の検査により、手術時の切開のデザインも低侵襲を考慮しに入れてしっかり治療計画を立案、手術を行い、長期にわたり経過を見ている多くの難症例を供覧して下さいました。

今後、当院で行う歯周外科においても学んだことを生かしていきたいと思います。

 

 

そして本日は、当院の輿先生の結婚式並びに披露宴に参列致しました。

 

f:id:igarashi-shika:20190526204534p:plain

 

先生と奥様の、真面目で誠実で自然体のお人柄が現れた、とても良いお式でした。

改めて、ご結婚おめでとうございます。

末永くお幸せに!

地域包括ケア勉強会

 昨日診療を終えてから、湘南おおふなクリニックで行われた在宅医療・介護に係る勉強会に、医院スタッフ3名と共に参加しました。

湘南おおふなクリニック院長の長谷川先生が主催するこの勉強会は、地域の在宅医療に携わる多職種の方々が集い定期的に行われており、今回で12回目となりました。

 

今回前半は、在宅療養の支援を専門にされている訪問看護師の吾妻さんより、日々の看護における医師・多職種との連携、各種書類記載の要点から看取り・エンゼルケアについてまで様々なお話しをして頂きました。

 

f:id:igarashi-shika:20190519153554p:plain

 

f:id:igarashi-shika:20190519153626j:plain

 

後半は、長谷川先生が講演されました。

今まで訪問診療を担当した200名の患者さんの治療の内容、治療期間、訪問回数、看取りなどについて統計学的データを示し、自身の在宅医療の軌跡を分析・報告されました。

今後も謙虚に在宅医療に取り組み、患者さんとご家族の方に寄り添っていこうという決意が感じられる報告でした。

 

f:id:igarashi-shika:20190519153959j:plain

 

医師・歯科医師・看護師・歯科衛生士・言語聴覚士・管理栄養士・介護福祉士・ケアマネジャー・理学療法士・薬剤師といった多職種のプロが集まり、様々な立場からの意見や情報を交換出来るのは、とても有意義だと感じています。

 

f:id:igarashi-shika:20190519154608j:plain

 

昨日は歯科衛生士のスタッフに加え、当院の管理栄養士のスタッフも初めて会に参加しました。

訪問管理栄養士としてご活躍されている方とお会いし、お話しを聞く事が出来ました。

訪問歯科診療の目的である「いつまでもしっかり噛んで、安全に飲み込む」サポートに加え、嚥下機能に応じた食形態を提案し「何をどのように食べれば良いか」までのアドバイスが出来れば、より患者さんやご家族のためになると考えています。

 

懇親会では、食事時姿勢維持のためにどのような指導とリハビリを行ったらよいか理学療法士さんと意見交換を行うこともでき、実り多い勉強会でした。

 

これからも在宅療養に関わる皆さんと連携をとり、患者さんをよりしっかりと支援できる体制作りをしていきたいと思います。

VIVAace がやって来た!

今日は雨の一日でした。

足元の悪いなか、来院された皆さまお疲れ様でした。

 

そんな天気ではありますが、診療所のスタッフは盛り上がっていました。

この度、待望の訪問歯科診療ユニット「VIVAace」が導入される事になり、取り扱いの研修を行いました。

 

NSK-Nakanishi Japan | 製品情報 | VIVA ace

 

f:id:igarashi-shika:20190514174631j:plain

 

f:id:igarashi-shika:20190514224317j:plain


これまでも訪問診療の際はポータブルの歯科治療ユニットを使っていましたが、こちらのVIVAaceは断然コンパクトで、セットアップがとてもシンプルです。

 

f:id:igarashi-shika:20190514224420j:plain


強い味方が出来、これからますますフットワーク軽く訪問診療へ飛び回る事が出来そうです。

 

f:id:igarashi-shika:20190514174854j:plain

 

まずは皆で使い方をマスターしましょう!
 

母の日

昨日は「母の日」でした。

全国でたくさんのお母さんが、普段はなかなか聞けない「有り難う」の言葉に頬が緩んでいた事でしょう。

 

我が家の息子達からも綺麗なブルーのアジサイのプレゼントがありました。

 

f:id:igarashi-shika:20190512093443j:plain

 

母の日を祝ってもらい、感謝を伝える母がいてくれる事に感謝します。

 

歯科医院の立場から申しますと、世の中のお母さん世代はまさに歯周病世代です。

現在日本では、成人の8割が歯周病にかかっているかその予備軍であると言われています。

そして、ホルモンの影響などで女性の方がより歯周病になりやすく、唾液の分泌が減少する更年期以降は更に歯周病リスクが高くなります。

歯周病は悪化すると歯を失うだけでなく、糖尿病を始めとする全身疾患や認知症の要因ともなります。

 

大好きなお母さんにいつまでも元気でいてもらうために、日頃の感謝を伝える言葉と共に、歯科医院で定期的な検診をされているかお母様に今一度お尋ね下さい。

 

歯周病学会学術大会のお知らせ

今月末、5月24日 (金)・25日 (土) の2日間、横浜を会場に「第62回日本歯周病学会学術大会」が開催されます。 

第62回春季日本歯周病学会学術大会

 

当院もドクター、歯科衛生士が参加を予定しておりますため、上記の2日は臨時休診とさせて頂きます。

今月は休診が多くなり申し訳ありません。

最新の歯周病治療について学んで参ります。ご了承下さい。

 

今学会では、歯科関係者でない一般の方に向けて、市民公開講座が催されます。

5月25日 (土)  神奈川県民ホール  小ホール  

13:30 〜 14:50 (会場13:00)

歯周病は未病のサイン 〜 未病改善は歯周病の予防と治療から 〜

 

f:id:igarashi-shika:20190508171326j:plain

歯周病は様々な全身疾患の要因となる事が明らかになっています。

お時間が合えば、ぜひお足運びになってはいかがでしょうか。