研修のご報告

先週水曜日、歯周病専門医の青木先生が研修のために来院されました。

先生には定期的に当院での歯周病治療に関するご指導をお願いしています。

 

 

今回は、新しく入職したドクター達と新人歯科衛生士に向け、歯周病の基礎研修を行って頂きました。

 

歯周病治療の手技や、使用する器具であるスケーラーの正しいシャープニング(研磨)の方法と、歯の根面へのスケーラーの当て方を実習しました。

 

 

 

歯石を取るために用いるスケーラーは刃物です。

まめにシャープニングし鋭利な状態で処置を行う事が、治療中の患者さんの負担を減らし、効率良く根面を滑沢化するために重要になります。

 

次回は豚の顎を使用した歯周外科の実習を予定しています。

青木先生、次回の研修もよろしくお願い致します。

 

 

 

また、別日には歯科衛生士が「骨免疫学」に関する研修をWebで受講しました。

 

 



 

歯周病が重症化すると、細菌の毒素により歯を支える骨がなくなってしまい、歯が抜け落ちてしまいます。

また、歯に荷重な力がかかり続ける事も、歯を支える骨の吸収が進む原因となります。

細菌感染と力が相互に影響を及ぼす事で歯周病の悪化を招きます。

そのため、歯周病治療を進めるに際し、”感染”のコントロールと並行して”力”のコントロールを行うことが重要で、噛み合わせの調整・マウスピースの装着・噛み締め癖の改善、などを行う事を考慮する必要があります。

 

 

このように当院のドクター・歯科衛生士は常に研鑽を重ね、患者さんに還元しています。

 

 

ところで、週末次男の大学の父兄会があり出かけて参りました。

 

 

コロナの影響で対面での開催は3年ぶりです。

来年卒業する学年ですので、こうした保護者会のような集まりに出席するのも今回が最後になると思われます。

私達も「保護者」から卒業です。

ホッとするような寂しいような。

 

 

来年の国家試験受験にむけてのお話しが大半でした。

全員を合格に導こうとの先生方の熱心なご指導に頭が下がります。

 

息子達にはまずは試験の合格。

そして、その先は大学のモットーである「歯科医師たる前に人間たれ」「生涯研修」を目指し頑張ってもらいたいと思います。

 

歯科衛生士デビュー!

この春から、いがらし歯科医院の歯科衛生士が1人増えました。

当院スタッフの今さんが、歯科衛生士国家試験に合格し、歯科衛生士の資格を取得しました!

 

 

今さんは5年前から当院で歯科助手として勤務しています。

ある時、患者さんのお口の健康により深く直接的に関われる歯科衛生士を目指したいとの相談を受け、勤務時間を調整する等医院としてもサポートする事としました。

 

昼は医院で歯科助手の仕事をし、夕方から専門学校へと通う日々は体力的にも精神的にもハードだったと思います。

こうして晴れて歯科衛生士となった今さんの姿に、頑張りを見守って来た私達スタッフも感無量です。

 

いまは本格的な歯科衛生士デビューに向け、ドクターや先輩歯科衛生士達と研修を重ねています。

 

 

 

 

 

 

来月から患者さんの治療を担当してもらう予定です。

今までの歯科助手としての経験も糧に、患者さんに寄り添った対応をしてくれる事と期待しています (^_^)

 

 

鎌倉市山崎のまちの歯医者さん「医療法人 樹会 いがらし歯科医院」

 

 

梅雨入り

関東は梅雨入りし、肌寒い雨の日が続いています。

これからしばらく傘が手放せず外出にも不便な日が続きますが、植物には恵みの雨です。

医院の植栽も旺盛に葉を茂らせ、アジサイを始め花々が見ごろを迎えています。

 

 

 

 

 

アスチルベ

 

テイカカズラジャスミン

フェイジョア

 

今年はよくカタツムリが顔をみせてくれます。

近年数が減ったように感じていたので、何だか嬉しいです。

 

 

 

季節ごとに変わる医院の飾りは、先月より一足早く梅雨がテーマとなっています。

 

 


 

スタッフがInstagramでも紹介してくれています。

ぜひご覧下さい。

 

https://www.instagram.com/p/Cd5EI6TpLUG/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

 

 

医院のアジサイや飾りが、雨の中ご来院される皆さまのささやかな癒しになればと思います。

どうぞ足元にお気をつけてお越しください。

 

医院移転9周年!

9年前の6月1日、いがらし歯科医院は今の場所で診療を開始しました。

医院前の道路を挟んで斜め前、ユニット数3台のこじんまりした診療所からの移転です。

今もその頃から通院して下さる患者さんが多くいらっしゃり、時折当時の思い出話しに花が咲きます。

 

湘南鎌倉総合病院は以前はここ山崎にあり、その跡地にリハビリケア湘南鎌倉や湘南鎌倉医療大学が出来ました。

6年前には湘南鎌倉バースクリニックも開院しました。

山崎交差点のローソンが閉店してしまった時は悲しかった…。

モノレールの富士見町駅に至る途中に、バッティングセンターがあったのをご存じですか?

 

山崎もだいぶ趣きが変わりましたが、暮らす方々の穏やかで気さくな雰囲気は全く変わりません。

地域の皆様に支えて頂き、無事移転9年目、開業21年目を迎える事が出来たと感謝しています。

 

 

 

以前当院で副院長をお務め下さり、その後平塚で開業された倉林先生からお祝いのお花を贈って頂きました。

医院の雰囲気にピッタリの、瑞々しいグリーンとホワイトのアレンジメント♡♡

お気持ちとても嬉しいです。

有難うございます!

 

コロナが始まって以来控えていますが、来年の移転10周年こそは特大ケーキを用意してお祝いしたいと思います。

 

 

昨日来ニュースでご覧になったかと思いますが、政府が「国民皆歯科健診」の実現に向け検討を進める方針を表明しました。

「口の健康を保つ事が、生涯にわたる全身の健康に繋がる」

との私達歯科診療従事者の長年の主張が認められ感無量ですが、ますます責任を重く感じ、身が引き締まる思いです。

 

 

これからも皆さまのご信頼にお応え出来るよう、スタッフ一同努力して参ります。

よろしくお願い致します!

 

第19回日本口腔ケア学会 参加報告

先月「第19回日本口腔ケア学会総会・学術大会」が大阪医科薬科大学にて開催されました。

 

 

同学会には、当院で行っている口腔ケアの取り組みや方向性の確認、また最新の知見を得る事を目的とし毎年参加しています。

今回のブログではそのご報告をさせて頂きます。

 

口腔ケアとは、口腔の疾病予防、健康保守•増進、リハビリテーションによりQOL(生活の質)の向上を目指した、口腔より全身を考える科学であり技術です。

内容は多岐に渡りますが、口腔ケアの臨床、研究の進歩により各種治療を含めた多職種によるチームアプローチが行われるなど近年大きく進歩しています。

 

私は昨年より当口腔ケア学会の評議員を務めています。

今回より大会前日に行われる評議員会に出席し、学会の医科歯科連携委員会と在宅医療委員への所属が決まりました。

 

 

評議員会では、歯科のない総合病院でいかに周術期口腔ケアを推進していくか、多職種の連携をどのように広げ深めていくか、また、志のある会員に口腔ケアに関する研究費がスムーズに支給されるシステムなど、様々なことが議論されました。

 

 

今回の学術大会のテーマは「口腔ケア!次の扉を開けよう!」です。

多職種連携で周術期等口腔健康管理を進める、すなわちお口をきれいにする口腔ケアだけではなく、多職種が協働して機能の維持・回復まで行う口腔ケアの普及をいかに進めていくかという事が講演で示されていました。

 

私の所属する在宅医療委員会では、地域の終末期医療に関する口腔ケアの調査結果報告と地域における緩和ケア(ホスピスではなく在宅で行う終末期緩和ケア)の現状と展望について講演が行われました。

 

 

講演後、会場では活発な質疑応答がなされ、各地域の現状報告などがなされていました。

私も口腔乾燥に悩む在宅療養者への対応方法など座長から発言をもとめられ、当院での取り組みなどを伝えることができました。

 

今回の学会では学会評議員としてより踏み込んだ形で学会に参加出来、大変有意義な3日間となりました。

 

大会参加を通じ、訪問診療において、正確な患者さんの情報をより迅速に多職種で共有する重要性を再認識しました。

そのための手法を(ICTの導入など)医院スタッフと進めて行きたいと思います。

 

次年度の学会は東京で日本医学会と連携開催となります。

この分野の更なる進歩に向け、今後も貢献していきたいと思います。