口腔ケア学会のご報告

11月12日、九州福岡で開催された「第23回日本口腔ケア協会学術大会」並びに「日本口腔ケア学会秋季大会」に参加してきました。

その間医院は、ドクターとスタッフが留守をしっかり守り診療を行なってくれました。

 

 

 

 

 

 

今学会のテーマは「ニューノーマル時代における口腔ケア」でした。

 

手術を伴う治療前後に歯科が介入して行う「周術期口腔機能管理」が保健適用になり10年が経過し、歯科がある総合病院においては徐々に普及が進んでいます。

しかし、歯科を併設する総合病院は全体の20%に過ぎず、未だ多くの患者さんは「周術期口腔機能管理」を受ける事なく入院・手術に臨んでいます。

 

また、病院内に歯科口腔外科が設置されていても、あくまでも歯科治療や手術が中心で、周術期口腔機能管理に重きをおいている所が少ないのも現状です。

病院経営上の理由やマンパワー不足など様々な理由があるようですが、残念な事です。

 

「周術期口腔機能管理」を行う事で術後感染抑制・術後の早期回復が実証されており、その結果入院日数が短縮されます。

その事は患者さんのためにも、病院にとっても大きなメリットになります。

こうした医科歯科連携の効用はまだ医師や病院経営に携わる方々に十分浸透しておらず、速やかに普及が進まない要因となっているようです。

 

 

特別講演の演者の先生の病院では、歯科口腔外科とは別に周術期口腔機能管理を主に行う歯科があり、大きな成果を上げていました。

 

 

 

 

入院患者さんの口腔ケアが、病院における“ニューノーマル”となるよう、学会が提唱する「歯科のない病院への口腔ケアセンターの設置計画」が今後全国的に進んで行く事を期待します。

 

 

 

鎌倉市議会の懇談会に参加しました

今週木曜日、鎌倉市歯科医師会の活動の一環として、鎌倉市議会の教育福祉常任理事会との懇談会に参加しました。

その会で私は、市民健康を担当する市議の皆様に対し「オーラルフレイルの予防がもたらす明るい未来」という演題で講演を行いました。

 

 

歯と口腔の健康の重要性についてご理解頂く内容をスライド形式でまとめ、最新の知見を含め解説しました。

また、歯科医師会会長・副会長から、歯科医師会が委託されている歯科保健事業・口腔保健センターの運営状況に関する報告が行われました。

 

皆様大変熱心にお聴き下さり、その後のディスカッションも有意義なものになりました。

急速に高齢化が進む鎌倉において、健康寿命を延ばす「オーラルフレイル予防」は重要な対策になります。

今後も行政と協力し、市民の皆様の健康に貢献していきたいと思います。

 

また先週末は、福岡で開催された「日本口腔ケア学会秋期大会」に参加し、多くの事を学んで参りました。

こちらも改めてご報告させて頂きます。

 

皆既月食

昨晩の皆既月食、皆さんもご覧になりましたか?

我が家も息子達の帰宅が間に合ったため、家族で近くの広場から夜空を見上げました。

 

 

虫の声を聞きながら、刻々と姿を変えていく月を4人で眺めました。

雲一つ無い夜空には星が瞬き、羽田空港から飛び立った旅客機の光が途切れる事なく通り過ぎて行きます。

慌ただしく過ぎていく毎日、心静かにこうした時間を持つ事も大切だと感じました。

 

次に皆既月食が見られるのは3年後との事。

次男も来年大学を卒業し、社会人になります。

家族揃って…は難しいかもしれませんが、皆元気で、穏やかな心でまた月を見上げられたらと思います。

診療所の秋

各地の紅葉が見頃を迎えているようです。

鎌倉の紅葉はもう少し先になりそうですが、医院のジューンベリーの葉は黄金色に色付いています。

 

 

他にも色々目を楽しませてくれる植物たち。

 

 

 

 

 

 

気持ちの良い秋晴れの空を、モノレールが駆け抜けて行きます。

 

 

さて、診療所名物、季節の院内飾りも今は「秋」です。

 

 

 

 

 

 

医院のInstagramでも、スタッフが紹介してくれています。

ぜひご覧下さい。

https://www.instagram.com/p/Cj4XEYmSVwB/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

 

 

明日は早くも暦の上では「立冬」ですが、ご来院の際は今しばらく心安らぐ秋をお楽しみ下さい。

犬の日

今日は11月1日。

「ワンワンワン」の語呂から「犬の日」とされているそうです。

 

我が家の愛犬は今年6月で16歳になりました。

 

 

先日動物病院を通じて、獣医師会から長寿の表彰状が届きました。

 

 

1年前までは元気にボールを追いかけていましたが、視力の衰えと共に急速に老化が進み、食事を始め様々なサポートが必要になりました。

介護は確かに大変ですが、家族の歴史を楽しく彩ってくれた大切な一員です。

小さな体で頑張っている姿は、走り回っていた時とは違った愛おしさを感じます。

モモ、もっと長生きしてね (^_^)