教授就任祝賀会(院長)

本日、日本歯科大学の同級生である柳下先生の
歯科放射線・口腔病理診断科教授就任祝賀会に出席して参りました。

柳下先生は、現在口腔がん検診の普及に尽力されております。
口の中にできるがんは、手術後の機能障害・審美障害が患者さんの日常生活に大きく影響を及ぼします。
そのため、がんになる前すなわち前がん病変のうちに発見して手術を行い、障害を最小限にとどめることが求められているのです。
早期発見のため、先生は開業医と大学病院の専門医が、ネットを介しガン等の疾患を診断し治療方針を決定するシステムを作られました。
今後そのシステムが一般的に活用される事が期待されています。
当院でも早速導入を検討していきたいと思います。

今後、柳下教授を通じ大学病院との連携を更に深めていけることと思います